関係機関からのお知らせ

新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえた労働安全衛生法等に基づく健康診断の実施等に係る対応について(徳島労働局)2020年06月15日

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止を図るため、通達(令和2年5月26日付け基発0526第7号)により、労働安全衛生法を根拠とする一般健康診断及び特殊健康診断について、令和2年6月末までに実施が求められるものについては、実施時期を延長して差し支えないことが通知されました。

 なお、実施時期を延長したものについては、できるだけ早期に実施することとし、10月末までの実施を原則とすること、また、健康診断実施機関の予約が取れない等のやむを得ない事情により、10月末までの実施が困難な場合には、早期に実施できるよう計画を立て、それに基づき実施する必要があることも示されております。

 標記の対応については、厚生労働省ホームページ「新型コロナウイルス感染症に関するQ&A(企業の方向け)」等にて随時更新されますので、ご確認くださいますよう、併せてお願い申し上げます。

◆「新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)」

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html

 

 


ページトップ