関係機関からのお知らせ

「妊娠中及び出産後の女性労働者が保健指導又は保健審査に基づく指導事項を守ることができるようにするために事業主が講ずべき措置に関する指針」の一部改正が適用されます2020年06月01日

 今般、新型コロナウイルスの感染が拡大している状況等を踏まえ、妊娠中の女性労働者の母性健康管理を適切に図るため「妊娠中及び出産後の女性労働者が保健指導又は保健審査に基づく指導事項を守ることができるようにするために事業主が講ずべき措置に関する指針」(令和2年厚生労働省告示第201号)が令和2年5月7日に告示されました。

 改正告示により、「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律」第13条第1項に基づく妊娠中及び出産後の女性労働者が保健指導又は保健審査に基づく指導事項を守ることができるように事業主が講ずべき措置に、令和2年5月7日より令和3年1月31日の間、新型コロナウイルス感染症に関する措置が新たに規定され適用されることとなりました。

指針の改正についてはコチラをご覧ください。

母性健康管理指導事項連絡カードはコチラ

 

 

 


ページトップ